日本のミネラルウォーターの分類

日本のミネラルウォーターの分類

日本では農林水産省が1990年に設定した品質表示ガイドラインにより、原水の採水地や処理方法によって、「ナチュラルウォーター」、「ナチュラルミネラルウォーター」、「ミネラルウォーターサーバー」、「ボトルドウォーター」の4つに分類されています。

 

1. ナチュラルウォーター

 

・特定の水源から採水された地下水を原水として、濾過、沈殿および加熱殺菌(中心部水温85度で30分以上)のみで処理されたもの。

 

2. ナチュラルミネラルウォーター

 

・特定の水源から採水された地下水を原水として、ミネラル成分が水に溶け込んでいて、濾過、沈殿および加熱殺菌(中心部水温85度で30分以上)のみで処理されたもの。

 

3. ミネラルウォーター

 

・ナチュラルミネラルウォーターを原水として、オゾン殺菌や紫外線殺菌等が施されたり、ばっ気(水に空気を送り込んで溶け込ませること)や、何種類かのナチュラルミネラルウォーターを混合して、ミネラル成分を人工的に調整したもの。

 

4. ボトルドウォーター

 

・地下水以外から採水された水です。原水として、水道水や蒸留水などを使用しているもの。

 

農林水産省「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」

 

農林水産省

 

 

分類

 

原水

 

処理方法

 

 

ナチュラルウォーター 特定水源より採水された地下水 濾過、沈殿および加熱殺菌(中心部水温85度で30分以上)に限る
ナチュラルミネラル
ウォーター 特定水源より採水された地下水のうち、地下で滞留または移動中に無機塩類が溶解したもの。
鉱水・鉱泉水等、天然のCO2が溶けて発泡性のある地下水を含む。 濾過、沈殿および加熱殺菌(中心部水温85度で30分以上)に限る
ミネラルウォーター ナチュラルミネラルウォーターの原水と同じ 濾過、沈殿および加熱殺菌以外に次に掲げる処理を行ったもの。
・複数の原水の混合
・ミネラル分の調整
・ばっ気
・オゾン殺菌
・紫外線殺菌
ボトルドウォーター 飲用の水
(純水、蒸留水、河川の表流水、水道水・・・) 処理方法