動画ダウンロードによく使われる用語解説

動画ダウンロードによく使われる用語解説

有料アダルトサイトで動画(ムービー)をダウンロードする際によく使われる用語について説明します。

 

下の画像を見てください。
これは「カリビアンコム」の動画をダウンロードするページです。
画像の中で赤丸で囲った用語について説明します。
(※一部、画像にモザイクがかかっていますが、私が意図的にかけたもので、実際は無修正でモザイクがかかっていません。)

 

カリビアンコム動画ダウンロード画面

 

 

 

「分割」「全編」

 

 

 動画のダウンロード方法には「分割」と「全編」の2種類あります。

 

 「分割」は1本の動画をチャプター(場面場面)に切り分けてあるものを分割してダウンロードする方法です。
 気に入ったシーンだけを見たい方やファイル容量を節約したい方におすすめのダウンロード方法です。

 

 「全編」は1本の動画をまるごとダウンロードする方法です。
 特にこだわりがなければ、全編ダウンロードがおすすめです。

 

 

「ストリーミング」「ダウンロード」

 

 

 「分割」した動画の場合、「ストリーミング」と「ダウンロード」の2種類の方法で動画を見ることができます。

 

 「ストリーミング」は、動画を一旦ファイルとしてダウンロードせずに、そのまま再生する方法です。
 簡単にたとえるならYouTube(ユーチューブ)の動画を見る方法と同じと思ってください。
 メリットとしては、動画を読み込みと同時に再生できるので、ダウンロードと違って動画再生の待ち時間が大幅に短縮されます。
 デメリットは、読み込みと同時に再生なので、読み込みが終了していない部分の動画を見ることができません。また、すぐに見れるというメリットを最大限に生かすため画質を落としてあります。

 

 「ダウンロード」は、動画ファイルを自分のパソコンにダウンロードする方法です。
 メリットは動画ファイルが自分のパソコン内にあるので、見たいシーンに早送りなどができます。
 画質は高画質になっています。
 デメリットは、動画ファイルのダウンロードに時間がかかります。
 現在は光回線やADSLが普及したことでダウンロードの時間も大幅に短縮されましたので、デメリットとは感じなくなりました。

 

「13M」「73M」

 

 

 「13M」「73M」とは、動画のファイル容量のことです。
 上で説明した「ストリーミング」と「ダウンロード」の形式によってファイル容量が変わってきます。

 

 「ストリーミング」は、すぐに動画を見れるというメリットを生かすために画質を落としていることからファイル容量が「ダウンロード」に比べて小さくなっています。

 

 有料アダルトサイトには、1日のダウンロード容量の制限をかけているところがあります。
 たとえば、「カリビアンコム」ですと1日のダウンロード容量の制限は3.2Gとなっています。
 上の画像の動画全編のファイル容量は852Mです。
 1G=1000Mなので、動画1本を全編ダウンロードする場合、1日約4本程度の動画をダウンロードすることができることになります。

 

「384kbps」「1600kbps」

 

 

 「384kbps」「1600kbps」は通信速度のことです。数字が大きいほど通信速度が速くなります。通信速度が速くなると、データがたくさん受け取れます。

 

 上の画像の場合、ストリーミングだと「384kbps」、ダウンロードだと「1600kbps」となっています。
 ストリーミングよりもダウンロードの方が同じ時間あたりに受け取れるデータ量が多いということです。

 

以上、動画をダウンロードする際によく使われる用語について説明しました。
説明だけ読むと複雑なように感じると思いますけど、実際にやってみるととっても簡単だって事がわかると思います。
感覚的になんとなくわかっていれば十分です。
わからなくても動画は見れます(笑)