クレジットカードの使用について

クレジットカードの使用について

- クレジットカード決済の仕組み -

 

まずは有料アダルトサイトの決済の流れです。大まかな流れは以下の通りです。

 

@利用者・ユーザーの支払い

Aクレジットカード会社【VISA・JCB・アメリカンエキスプレス等】

Bクレジット決済代行会社

Cアダルトサイト運営業者

 

 

ではそのシステムを説明しましょう。

 

 

@私たち利用者がクレジットカードで有料アダルトサイトの支払いを行おうとします。

A本来であれば直接アダルトサイト業者にクレジットカード会社の情報を送り支払い手続きを行う…ところなのですが…

Bここで個人情報など悪用防止のためクレジット決済代行会社を挟みます。
米国では、「ビリングカンパニー」と呼ばれています。
アダルトサイトでは入会の申し込み があると、個人名などをいっさい聞かずに、まず、「決済代行会社(ビリングカンパニー)」のページに 飛ばします。
利用者は決済代行業者のページにてクレジットカードの情報を入力し決済をすませます。

決済代行業者はアダルトサイトへ顧客が料金を支払ったのかのみ通知します。
(料金は決済代行業者よりアダルトサイト業者に支払われます。)

Cアダルトサイトの業者には 入会してきた利用者が 「決済代行会社」で、決済が済まされたか、どうかという情報だけ通知され 、通知された顧客に対し動画などを閲覧するためのIDとパスワードを発行します。以上のシステムによりアダルトサイト会社には一切クレジットカード情報は渡らないのです。

 

 

- クレジットカードの安全性 -

 

クレジットカード決済を行うページは通常のウェブページとは少し違いがあります。

 

クレジットカード番号のような機密性の高い情報を送信する場合には、カード会社から特別厳重なセキュリティーシステムを義務付けられており、SSL、SETという情報を暗号化して送信するための技術で保護されています。

 

 

この技術は楽天やamazonなどのネット通販サイトやネット銀行やFX取引等でも用いられる暗号化技術で、カード決済時の安全性でいえば、それらと同等レベルなのです!

 

以上のことからもカード情報送信時の安全性でいえば、楽天市場やamazonやネット銀行のセキュリティーレベルとなんら変わりはないのです。

 

 

SSL、SETで保護されたページは、通常のWEBページとは違います。

 

以下にSSL、SETで保護されたページについて説明します。

 

 

- SSLでのセキュリティー保護について -

 

 

SSLとは…?

 

Secure Socket Layer の略で、暗号化された安全な通信を提供します。個人情報などの機密性の高い情報を安全にやり取りできるようにするために、米NetscapeCommunications社が開発したセキュリティ機能付きのHTTPプロトコルです。これによりフォームから入力して頂いた情報を第三者に盗用される危険を回避できます。

 

なお、InternetExplorerを使用して「SSL(https)」モードでログインしようとした場合、「セキュリティで保護されていない接続へリダイレクトされようとしています。現在のサイトへ送信中の情報は、セキュリティで保護されていないサイトへ再送信される可能性があります。続行しますか?」というメッセージが表示される場合があります。これは、SSL状態(https://)から標準状態(http://)に画面が切り替わることを警告しているもので、サイトの不具合を通知するものではありません。このメッセージが表示された場合でも、SSLで問題なく接続されています。

 

 

SSLのページの見分け方

 

SSLを利用したページは、アドレスバーに表示されるアドレスが「http://」から「https://」になり、インターネットエクスプローラをご利用の場合、ブラウザウインドウ右下に鍵マークが表示されます。

 

 

SSLについて

 

 

 

※ブラウザの画面内はいくらでも誤魔化しが効きますが、URL欄には基本それができません。

 

URL欄、錠前マークを確認できれば、基本的にはしっかりとしたセキュリティーが施されている証しでもありますので、不安な場合にはこちらもチェックすることをオススメします!!